広域通信制高校

広域通信制高校と言うのは全国あるいは3つ以上の都道府県の生徒を募集対象とした学校のことです。受験するは募集対象とされている都道府県に在住、在勤していなければなりません。
広域通信制高校の特徴を紹介しましょう。
《集中スクーリング》~*スクーリング=登校日
・通学できない人には嬉しい」まとめて5日間程度の合宿形式~スクーリングが軽減されます!!
・農業・漁業・陶芸・ボランティア活動などの体験学習
・集中スクーリング会場は自然豊かな場所が多い
・全国各地から生徒が集まり、寝食を共にする宿泊研修のため、交流を深めることができます
《全国にひろがるスクーリング会場》
・スクーリングを全国にひろがっているスクーリング会場で受講可能
・インターネット環境が整っていない方でも学習センターや協力校などで直接指導を受けることが可能
《インターネットを使ったe-ラーニング授業》
・インターネット上で授業を受講可能~スクーリングが軽減できます!!
・必須条件であるレポートもネット上で送信可能
・Webカメラを使用すると先生からの直接指導も可能
・生徒同士のディスカッションが可能
・入院中や海外留学中、不登校の生徒が学習しやすいシステム
このように自分の時間をうまく利用することができるシステムになっています。自分のやりたいことをしながら高校も卒業できるという大きなメリットがある教育システムと言えるでしょう。

 

Leave a Reply